千畳敷カール

中央アルプスの駒ケ岳周辺にある「千畳敷カール」。
夏休みの家族旅行におすすめの場所です。
標高約3000mなので、夏でも涼しく快適に過ごすことができますし、ロープウェイに乗って、国内一高い駅の「千畳敷駅」へ行きます。
ロープウェイを降りると目の前に千畳敷カールが広がっています。
カールというのは、二万年以上前、氷河期の氷がゆったりと削り取られ浸食した結果できたお椀状の地形のことです。
カール内は40分ほどで周遊できる適度な散策コースになっているので、本格的な山登りではなく、雰囲気を楽しみながら散歩ができて家族旅行におすすめです。
夏休み期間になると、カールに様々な高山植物が咲き乱れます。
季節ごとに違う雄大な自然の姿を見に国内のいたるところから多くの人がやってくる場所です。
下界とかけ離れた非日常的空間、景色を見て素直に感動できる、忘れられない家族旅行になると思います。
千畳敷駅には、食堂や喫茶、売店があります。
国内一高い駅にある国内一高い食堂です。
千畳敷カールや中央アルプスの山々を眺めながらする食事は最高です。
売店では、山で必要なものやお土産を販売しています。
現在、駒ヶ根高原も一般車の乗り入れが禁じられているため、定められた駐車場に止めてそこからバスに乗ることになります。
大駐車場からロープウェイに乗る駅までは30分ほどかかります。
バスは片道820円です。
ロープウェイは7分30秒ほど乗車します。
料金は片道1,210円、往復2,260円です。

旅行かばん リンク集

コメントは受け付けていません。